看護師のお悩みとお仕事的コラム 一覧

NO IMAGE

男性看護師は女性看護師とどう関わるべきか?

男性看護師が、病院単位で見ると10名位いるけれど部署単位では1人、ということは珍しくはありません。それだけまだ、女性の方が圧倒的に多いのが看

記事を読む

NO IMAGE

専門学校卒・看護大卒、どちらの新人が使えるのか?

近年、看護師は看護大学を卒業して就く職業、ということが当たり前のようになってきました。過去には、看護師は高校に設けられた衛生看護科に言って資

記事を読む

NO IMAGE

新人看護師の薬剤事故が減らない理由

この7月に公益財団法人日本医療機能評価機構が、2010年1月から2014年3月までに報告された医療事故について調査した結果を発表しました。

記事を読む

NO IMAGE

訴えるこのとのできない赤ちゃんの痛みを緩和するには?

看護の対象は人間です。そこに老若男女は関係なく、どんな人間でも必要であれば看護の対象となりえます。もちろん、生まれたばかりの新生児も看護の対

記事を読む

NO IMAGE

悩み多き男性看護師の駆け込み寺あります

看護師は、一昔前には看護婦と呼ばれている時期もあったこともあり、今もなお女性の割合が高い職業です。最近では、男性看護師も増えてきたとは言われ

記事を読む

NO IMAGE

看護記録、夜勤の場合どうしてる?

看護記録は、看護師が行う記録物の中でもっとも重要なものです。最近は、電子カルテになったこともあり、看護記録もデータ入力をする方式に替わってき

記事を読む

NO IMAGE

グリーフカウンセラーという仕事について

昨今、看護師の転職がとても盛んです。背景には看護師不足という厳しい事情があるのはご存知のとおりですが、その転職のきっかけが、勤務帯である2交

記事を読む

NO IMAGE

美容整形外科の看護師の給与が高い理由

転職活動をしたことのある看護師はよく知っていると思いますが、美容整形外科の看護師の給料は日勤のみであっても、他のクリニックなどと比較するとか

記事を読む

NO IMAGE

臨床経験を後悔している中堅ナースへ

看護師という職業を続けていれば、いつしか中堅看護師と呼ばれることになります。ある程度の経験を積んだ看護師がそう呼ばれ、後続の後輩の育成に関わ

記事を読む

NO IMAGE

看護師の仕事が楽しいと感じられるようになる方法

看護師の仕事は3K(きつい・汚い・危険)などと言われ、実際に働いてみるとまさにその通りで、看護師の仕事が楽しいなんて感じることはできません。

記事を読む

1 2 3 4 5 6 9