できる看護師になりたい新人のために

仕事をする以上、できると思われたいのは誰でも同じでしょう。しかし、その仕事ができるという部分を間違えている方がいるのも事実です。例えば新人看護師が早く仕事が出来ると認めてもらいたいがために努力をすることは悪いことではありません。

むしろ、より多くのことを早く身につけ、一人前として前線で働くことが出来るスタッフとして成長することは喜ばしいことです。ですが仕事ができるということとプリセプターの顔色を伺いながら気に入られるように振舞うと言うことはイコールにはなりません。

プリセプターから新人は多くの叱責を受けることになるはずです。新人だから誰でも同じように多くの失敗をします。それらの失敗の中で学び、次へ活かす経験として蓄積していくことが新人看護師の一つの勉強でもあります。

この「怒られる」と言うことは、考えている以上により多くの事を学ばせてくれます。看護師として何を必要とし、何をしてはいけないのか。常識的な部分、学校で勉強してきたようなことではなく、現場でしか分からない仕事の効率やコツ、心構えなど、肌で感じてはじめて身につくことを多く学ぶことが出来ます。

逆にプリセプターが怒ることをしないと言うことは、新人にとって必要な経験を積む事が出来ないことにもなります。

先輩に気に入られ、ストレスなく仕事をすると言うのも大切でしょう。すべてのスタッフに可愛がられ、気持ちよくいるために要領よく動くのも悪いことではないでしょう。しかしながら、本当にできる看護師になりたいと思っているのなら、患者のために看護師として何ができるのか、に焦点を当てた看護を目指すべきです。

看護師としての仕事の目的はプリセプターに気に入られることではなく、患者へいかに献身的な看護を行なう事が出来るかということにあります。それらを学ぶためには多くの失敗を繰り返しながら、先輩に怒られながら正しい看護というものを身につけていかねばならないのです。

より多くの失敗を重ねて怒られて成長した看護師は、その後に後輩が出来た時には出来の悪い後輩の気持ちが分かるよき先輩となる事が出来るでしょう。仕事が出来る看護師は、総じて失敗を重ねて多く怒られた看護師である事が多いものです。経験者からの意見としては、怒られない看護師は成長もなく、経験もスキルも未熟なまま、ただただ年齢を重ねることが多いものです。

今日の部屋持ち:onoi


↓応援してくれると嬉しいです^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愚痴を明るく吐き出そう↓↓↓

正論は理解できるけど、やってられないと思うことも多い仕事ですよね、ナースの仕事って。命に関わる点も多いので精神的に気を張る必要があるだけでなく、ドクターと患者の板挟みとかもあるし。最終的にやるのはこっちだってゆーの!そんな思いは吐き出して明日の仕事に備えませんか?

【ナースの愚痴外来】看護師あるあるグチ吐き投稿サイト(^_^)/


lp01


どの看護師転職・求人サイトが評判が良いのか?



1位、看護師のお仕事紹介【ナース人材バンク】 ←ナース専科の会社の転職支援ですよ
2位、看護師の転職ならナースフル
3位、転職活動を全面サポート!【看護のお仕事】