看護師からでもなれる!保健師への道のり・・・

看護師として働いていると、その勤務体制や慢性疲労から保健師に憧れを持つ方を多く見かけます。また職場環境からだけではなく、看護や医学を通じて予防医療に関する視点や地域医療に対する支援等に関心を持って、保健師として働きたいという動機を持たれる方も多くいます。

もちろん看護師から保健師になることもできます。むしろ看護師から保健師に転職する方は多くいるくらいです。しかしそのルートは、すでに保健師の資格を持って看護師として働いている、あるいは保健師の資格を新たに取得する等、様々な方がいます。

最近では看護系の学部を持つ大学が急激に増加してきたことから、保健師の資格を持って臨床現場の看護師として働いている方がいます。そのような方が保健師を希望した場合、何も迷うことなく転職することができますね。役所等の施設で就職試験をパスして内定をもらえば、簡単に看護師から保健師になれるということです。

ただ保健師の資格を持っていない場合、すぐに保健師として働くことはできません。そのような場合は、まず現在働いている職場を退職し、保健師養成施設に入学して保健師の資格を取得しなければなりません。在学期間1年の中で「学科」と「実習」で必要な単位を修得して、保健師国家試験の受験資格を満たし、国試に合格して資格取得という運びになります。

看護師から保健師になる道のりは様々ですが、共通して言えるのは何と言っても臨床経験が活かされることです。保健師の中には看護師として働かずに入職している方もいます。看護師から保健師となる方はそのような方とは異なり、医療現場を見てきているわけですので新しい現場でもただ適応するだけではなく、多方面からのアプローチが期待されます。

保健師の資格を取得することに抵抗を持っている看護師の方は、あまりネガティブにならないようにしましょう。今からでも十分、看護師から保健師になることができます。もちろん大卒ではないからといってあきらめてしまわないことも大切です。

これからさらに加速される超高齢社会にとって、保健師のニーズも高くなってくることが予測されています。また合計特殊出生率の増加からも、妊産婦や乳幼児に対する健診、あるいは健康教育にも引っ張りだこです。

時代の流れに沿って保健師を目指すことは、社会貢献に対してとても意義のあることです。看護師から保健師を目指している方は、この機会にぜひ新たなフィールド眺めてみましょう。

今日の部屋持ち:bis


↓応援してくれると嬉しいです^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愚痴を明るく吐き出そう↓↓↓

正論は理解できるけど、やってられないと思うことも多い仕事ですよね、ナースの仕事って。命に関わる点も多いので精神的に気を張る必要があるだけでなく、ドクターと患者の板挟みとかもあるし。最終的にやるのはこっちだってゆーの!そんな思いは吐き出して明日の仕事に備えませんか?

【ナースの愚痴外来】看護師あるあるグチ吐き投稿サイト(^_^)/


lp01


どの看護師転職・求人サイトが評判が良いのか?



1位、看護師のお仕事紹介【ナース人材バンク】 ←ナース専科の会社の転職支援ですよ
2位、看護師の転職ならナースフル
3位、転職活動を全面サポート!【看護のお仕事】