看護師の仕事を辞めたいと思う ナースのストレス

辞める決断をする前に考えておきたい事いろいろ

lp01

 ナースを辞めたいと思う時って いろいろな理由がありますよね

愚痴って発散してスッキリして、明日からまた頑張りたい方へ
<愚痴の投稿ページ>

1.看護師の人間関係を乗り切る方法

2.業務がいつまでも覚えられないなら

3.看護師の給料、実は安いと感じませんか?

4.残業が続くことで起こる弊害とは

5.看護師転職求人サイトを見ておく

6.不規則なシフトは体調不良の原因

7.セクハラ・モラハラの対処法

8.どうしても看護師を辞めたいあなたへ

9.辞めたいのに辞められないときは

10.楽な業務の仕事ってあるんです!

 

看護師の人間関係を乗り切る方法

看護師の悩みで最も多いのは、人間関係の悩みなのです。 給与・勤務環境への悩みを引き離して断トツの1位となっています。 離職の多い方ほど、人間関係で悩んでいる傾向があります。 人間関係が悪化する理由は、ストレスが溜まりやすい仕事であること、そして女性中心の職場であることが関係しています。

これを解消するには、人間関係のよい職場に転職すること、男性の多い職場で働くこと、などがポイントとなってきます。 転職をして職場を変えるのが一番効果的なのです。 今は看護師転職サイトといった便利な職探しのツールがありますので、これを利用するといいです。 転職で失敗しないコツは、人間関係のよい職場にこだわることです。 給与・勤務内容なども妥協したくないポイントですが、これらが優れていても人間関係に問題があれば続きません。 人間関係のよい職場は長続きするので、必然的に長期勤続が可能となるのです。 その結果、給与がそれほど高くない職場でも、昇給・退職金のアップなどが期待できます。

転職できない事情がある場合は、人間関係を今以上に悪化させない工夫が必要です。 男性の場合、相手とぶつかったときに筋を通したほうが最終的に認められる傾向がありますが、女性の場合はなかなかうまくいきません。 当たり前の正論を話していても、まったく通用しないこともあります。 女性は感情的になりやすく、論理的に説明してもわかってくれない方が多く、逆に人間関係の悪化につながることもあるのです。 女性だけの職場では、出る杭は打たれることを意識しましょう。 言いたいことを言えないのは、自分の人間関係を否定するようでつらいかもしれませんが、あくまで仕事中だけと割り切ってください。

周りから孤立しないためには、意見に同調することも必要でしょう。 肯定的な意見に対しては、積極的に同意、納得してかまいません。 女性は群れをつくりたがり、自分の意見を否定せずに受け入れてくれる人を好みます。

また、他人の悪口は言わないほうが得策です。 悪い話はあっという間に広まりますので、次の日には本人の耳に入っている、なんてことも多いのです。 悪口が原因で墓穴を掘るケースは少なくありません。

こうして見てみると、人間関係の悩みを根本から解決するには転職が確実です。 人間関係を悪化させないことよりも、いちど悪化した関係を修復するほうがずっと難しいのです。 転職するときは、転職コンサルタントに相談して人間関係が良好で男性割合の多い職場を紹介してもらいましょう。

 

業務がいつまでも覚えられないなら

業務を覚えられない方は、復習がおろそかになっている可能性があります。 失敗することは問題ではなく、失敗を生かせないことが問題なのです。 ミスをしたら、なぜミスをしたのか考えてみることです。 簡易的にメモをして、あとから考えるクセをつけることも重要です。 人間は忘れる生き物なので、ミスの原因を特定することなく放置しておけば、同じミスを繰り返すことになります。 メモは自分だけわかれば問題ないので、簡易的につけておくことです。 あとで読んで内容を思い出せればよいのです。

対人関係については、意外と仕事を覚えるために重要となります。 周囲との関係が悪化していると、先輩・同僚に気軽に質問することもできません。 いわゆるコミュニケーション能力が高いほど、仕事ができる方が多いものです。 みんなと仲良くできる方は、誰に対しても気軽に質問することができます。 こうした性格の差は、数ヶ月、数年後には非常に大きなスキルの差となるでしょう。 仕事ができないままの人は、できる人と比べるようになり、落ち込んでしまうという悪循環に陥ります。 看護師の面接では、コミュニケーション能力を重視しますが、これは協調性に富んでおり、仕事の吸収力が高いと判断するからです。

性格はポジティブすぎる必要はありませんが、ネガティブは避けましょう。 ネガティブな人ほどプライドが強く、周囲に負けたくないと感じています。 周りと比較することが習慣になっており、自分よりもうまくできる人を見ると、妬んだり落ち込んだりするのです。 ネガティブな性格は自分の成長を妨げるものと認識してください。 プライドが強い、すべて自分で解決しようとする、といった方は仕事覚えが悪くなる傾向があります。

自分なりに努力しても業務を覚えられないなら、そのときは転職も考えるべきです。 教育体制の充実した職場はたくさんあります。 少人数制で忙しすぎない職場は、一般的に教育体制が整っていますが、もちろん外れはあります。 一番確実なのは、転職コンサルタントに気になる職場の教育制度について聞いてみることです。

看護師の給料、実は安いと感じませんか?

看護師の給料は、平均460万円と言われています。 地域によって差はありますが、400万円は狙える仕事なのです。 35歳で300万円台ならば、低いと考えていいでしょう。 すべての地域を含めて考えると、400万円~550万円くらいが平均年収となります。 世間一般からは高給というイメージが定着しており、実際に男性サラリーマンの平均年収よりも高いのです。 女性で400万円以上を無理なく狙える仕事といえば、看護師と薬剤師だけと言われているくらいです。

しかし、現場の看護師は給料が安いと感じている方が多いのが現状です。 収入・年収における満足感は、金額だけで決まるわけではありません。 無意識のうちに仕事内容・大変さ、などと天秤にかけているのです。 昔から看護師の仕事は3Kと言われており、きつい、危険、きたないの悪条件を満たしているのです。 また、一般的な仕事よりも給料が高いのには理由があり、残業・夜勤が頻繁に入るからです。 月に何度も夜勤に入れば、給料が高くなるのは当然でしょう。 残業・夜勤のまったくない介護施設に転職したら、年収が150万円も下がったという話もあります。 看護師の年収が高いのは、3Kであること、残業・夜勤が多いことなどが理由なのです。

看護師にうつ病が多いと言われるのは、精神的に不安定になりやすい職場で働いているからです。 女性だけの職場はストレスが溜まりやすく、ひとたび人間関係が悪化すると修復は困難です。 そのうえ、残業・夜勤が当たり前になると、自律神経のバランスも乱れて、ますます精神的にきつくなってきます。 こうした過酷な環境に身を置いていると、給料が安いと考えてしまうのでしょう。

しかし、看護師の給料は職場によって大きく変わりますので、今よりも大幅アップを狙うことは可能です。 看護師の場合、年収400万円台だと不満を感じる方が多いですが、500万円台になると不満が出なくなってきます。 600万円以上になると、口では不満を言っていても、転職する方はほとんどいなくなります。 看護師は大変という理由でまったく別の仕事に転職しても、すぐに戻ってくる方は多いのです。 理由を聞いてみると、やっぱり看護師は稼げると言うのです。

給料に不満がある方は、今よりも給料を増やせば問題は解決します。 年収500万円以上の高額案件は、看護師の転職サイトで紹介されています。 非公開求人で紹介される案件を中心に探して、気になる職場がみつかったら即応募しましょう。 高額案件は応募を1日先延ばししただけで、募集を締切るほど人気があります。

残業が続くことで起こる弊害とは

残業が続くと、さまざまな問題が生じるものです。 サービス残業は、働くことに対するモチベーションを低下させます。 人間が働く動機はたくさんありますが、第一位はお金を稼ぐことなのです。 私はお金のために働いているのではないと言われる方は多いですが、ではボランティアでもやるかどうか聞くと、冗談じゃないと答えるでしょう。

残業の一番の弊害は、疲労・ストレスを溜めてしまうことです。 疲労・ストレスを解消するために一番大切なのは睡眠です。 残業をすると、生活リズムに乱れが生じてしまい、睡眠時間も短くなりがちです。 就寝時刻が遅くなり、朝スッキリと起きられないという弊害が生じて、仕事にも支障をきたします。 体調が万全でない状態で残業を続けると、ますます身体は悲鳴をあげるでしょう。 やがて業務にも集中できなくなり、ミスを起こしやすくなります。

残業の多すぎる職場というのは、実は病院側に問題があるケースが多いのです。 自分がいくら頑張っても、職場全体の労働時間を大幅に短縮させることは困難でしょう。 残業が続く職場は、職員が不足している、業務効率が悪いなどの原因があります。 これは平社員である看護師がどうにかできる問題ではありません。 トップに問題がある病院は、部下が頑張っても業務効率を改善させることは困難なのです。

よい職場・悪い職場にめぐり合うのは、運による部分が大きいですが、仕事探しの上手・下手も関係してきます。 職場環境の健全な案件をみつけるには、転職コンサルタントに相談するのが一番です。 求人票を見ても、細かい部分まではわからないでしょう。 知られたくない部分というのは、求人側も隠したがるものです。 中立的な立場のコンサルタントに相談すれば、勤務環境のよい職場を紹介してくれます。 事前に残業・夜勤があまりない職場が好ましいと伝えておきましょう。 日勤のみの外来クリニックを紹介するなど、融通を効かせてくれます。 遠慮せずに希望をしっかりと伝えておくことです。

不規則なシフトは体調不良の原因

不規則なシフトは、身体を壊す要因となります。 体調不良は疲労だけで生じるわけではありません。 生活リズムが乱れることで自律神経のバランスが崩れて、ストレス過多になってしまうのです。

健康のためには規則正しい生活が必要と言われているでしょう。 これは、決まった時間に起きて、食事をとって、仕事をして、というように生活リズムを一定させることなのです。 今日は日勤、明日は夜勤というように、昼夜逆転の生活を送っていると、健康な人でも体調を壊してしまいます。 看護師の過労・うつが多い理由には、不規則なシフトも影響しています。

体調不良は慢性化し、やがて悪循環を招きます。 疲労・ストレスで注意力散漫になれば、ミスも増えてしまうでしょう。 ミスをすれば落ち込みますし、働くことがつらくなってくるはずです。 そんな状態で残業・夜勤を繰り返していれば、ますます自律神経のバランスは乱れて体調を悪化させます。 メンタル面の問題は、ひとたび悪化すると改善させるのが困難です。 疲労を回復させるより、ストレスを解消させるほうがずっと難しいのです。

シフト制の職場に勤務している以上、不規則なシフトはある程度覚悟する必要があります。 面接のとき、絶対に夜勤はできませんと言えば、採用対象から外されることもあります。 病院側としては、夜勤のできるスタッフのほうがありがたいのです。 それゆえ、最初は夜勤がほとんどないと甘い言葉を投げかけていても、いざ入職したら頻繁に夜勤がある、といった状況になるわけです。

この問題を解消するには、職場を変える以外にはありません。 外来クリニックなど、夜勤のない職場に転職すればいいのです。 ほかにも、健診、献血など、原則として残業・夜勤のない仕事はあります。 シフト制を導入している職場にいる以上、同じシフトで働き続けたいという希望は叶わないことが多いのです。 職場に改善を求めるのではなく、自分で職場を変えるのが得策でしょう。

セクハラ・モラハラの対処法

看護師は気の強い人が多いですが、それでもセクハラ・モラハラの被害に遭うことはあります。 他人事だと思っていても、自分は絶対に被害に遭わないという保証はありません。

セクハラ・モラハラを受けた場合は、それらをメモしておくことです。 通常の業務おけるメモは簡易的でいいのですが、この場合はなるべく具体的に書いておきましょう。 そして、上司に相談してみることです。 ただし、被害を与えてきた相手が上司よりも上の立場であれば改善は困難となります。 この場合は、弁護士や労務局に相談するのがベストでしょう。 何もしないと状況は変わりませんので、とにかく行動することが大切です。

もっと簡単に問題を解決するなら、転職をおすすめします。 悪い環境の職場は多いですが、いい環境の職場もあります。 セクハラ・モラハラなどと無縁の職場もあるので、そうしたところを探していくべきです。

職場の問題は職場内で解決したいという方もいますが、悪くなった状況改善は極めて困難なのです。 現在の職場で改善を試みるよりも、職場を変えてしまったほうがてっとり早いです。 今は看護師転職サイトという便利なサイトもあり、コンサルタントが無料で相談に応じてくれます。 退職した理由を話せば、職場環境のいい案件を紹介してくれるでしょう。

職場の内部事情というのは、自分で調べようにも限界があります。 求人票にはいいことしか書いてありませんし、実際に見学をしに行っても悪いところは見せようとしないものです。 コンサルタントは管轄するエリアの病院については、離職率・評判などを把握しています。 相談することで、ブラックの職場を未然に回避することができるのです。

職場の雰囲気というのは、周りにも影響するものなのです。 ひとり嫌な上司がいるだけで、周りも嫌な性格になってしまいます。 感じの悪い院長のいるクリニックは、看護師たちの態度も悪いことが多いでしょう。 これから働く職場の雰囲気を知るためには、コンサルタントの話を聞くのが一番なのです。

どうしても看護師を辞めたいあなたへ

今すぐに看護師を辞めたいと考えている方は多いでしょう。 しかし、実際に辞めても、すぐに復職する方は少なくありません。 転職をして別の仕事を経験することで、どんな仕事にもそれぞれ大変さがあることに気づくはずです。 何より看護師時代と比べて給料が安くなるので、我慢できずに復職する方も多いのです。 人間は今の環境に慣れてしまうものです。 周りよりも贅沢をしていても、それが当たり前になると本人にとっては普通になるのです。 転職して生活レベルが下がることで、我慢できなくなって看護師に戻るわけです。

看護師を辞めたい方は、辞めても復職する方が多い現状を知っておきましょう。 そして、なぜ辞めたいのか理由を考えてみることです。 辞めたい理由を解消できれば、辞める必要などなくなるでしょう。 人間関係に問題があるならば、人間関係が良好な職場に転職すればいいのです。 死と向きあうことに抵抗があるなら、美容整形、健診、献血など、死と向きあわない仕事はいくらでもあります。 別の職業に転職するのではなく、今の仕事を続けながら問題解決することを考えてみましょう。 逃げるための転職はよくありませんが、仕事内容・職場環境改善のための転職なら有意義なことです。

給料ばかりを追い求めている方は、失敗しやすい傾向があります。 給料が高くても、雰囲気が悪くて働きにくい職場は長くは続かないでしょう。 一時的に高給を稼いだとしても、無駄な転職を繰り返してしまえば、生涯年収は少なくなってしまうのです。 早期のうちによい職場をみつけて、あとは定年まで勤続するのがベストです。

職場に不満があって辞めたいときは、とりあえず転職コンサルタントに相談するといいです。 今の悩みを解決できる職場を紹介してくれるでしょう。 看護師は現在も売り手市場であり、転職サイトでは膨大な案件が紹介されています。 多少わがままを言っても、現在はまだ仕事をみつけやすい状態にあります。

コンサルタントに相談した看護師は、気持ちがスッキリしたと答えています。 相談することで、解決策がたくさんあることを知るのです。 自分だけで職探しをする場合、表面的な部分しか見ないはずです。 正確にいえば内部事情までは見えてこないので、表面しか見られないのです。 これが転職に失敗してしまう一番の理由となります。 コンサルタントに相談すれば、内部事情・離職率なども考慮したうえで職場を紹介してくれます。 自分で探すのと比べて、失敗する確率はずっと低くなります。

辞めたいのに辞められないときは

看護師は辞めにくい仕事だと言われています。 現在は看護師不足であり、どこの病院でも看護師を離したくないのです。 退職されても、すぐに人材を確保できるわけではありません。 その間は他の職員に負担がかかることになります。 それゆえ、辞められないように引き止めてくることが多いのです。 内気な方だと、引き止めにあうと辞められなくなるでしょう。 自分は必要とされているんだ、と思ってしまう方もいるはずです。 しかし、ここで退職を諦めたとしても、結局は先延ばしにすぎません。 すぐにまた辞めたくなり、また引き止められるという繰り返しになります。

辞めたいのに辞められないのは、実は自分でそう考えているだけなのです。 入職するときは、病院側が頼み込んできたわけではないでしょう。 自分の意志で履歴書を書いて面接を受けたはずです。 それと同じく、辞めるときも自分の自由なのです。 他人にとやかく言われる必要はないので、退職希望日の2週間前に退職願を提出しておきましょう。

辞める理由については、一身上の都合とするのが無難でしょう。 適当な理由をつけてしまうと、突っ込まれて辞められなくなる可能性があります。 例えば、給料に不満があるから辞めたいと嘘をついて、じゃあ給料を上げるからと言われたらどうでしょうか? 給料が上がることで問題は解決し、辞める理由はなくなってしまうでしょう。 嘘をついてもメッキが剥がれますし、最後はどこで嘘をついたのかわからなくなります。 退職事由は、一身上の都合とするのが無難でしょう。

退職に関して不安があるならば、転職コンサルタントに相談するのもいいです。 看護師転職サイトを利用すれば、無料相談を受けることができます。 退職を成功させる方法、角を立てることなく職場を離れる方法、引き止めに合った場合の対処法などなど、役立つアドバイスをしてくれます。 辞めるときに角を立てても何もいいことはありません。 これから応募する職場に対して、悪評判が流れてしまう可能性もあります。

楽な業務の仕事ってあるんです!

看護の仕事はすべて大変だと思っている看護師の方は多いでしょう。 いちども転職したことのない方だと、今の職場が普通になってしまうのです。 多忙を極めるような職場ならば、看護師はみなこうだと思い込んでしまうかもしれません。 いろいろな職場を体験している方は、職場によって大変さがまるで違うことを知っています。 忙しくて給料の安い職場もあれば、あまり忙しくなくて高給の職場もあるのです。

スキル・キャリアアップのためには、忙しい職場のほうがむしろいいです。 しかし、人によって能力に差はあり、忙しい仕事をこなせない人は必ずいます。 能力・相性の問題もあり、努力しても結果がついてこないことはいくらでもあります。 そんなときは、楽な業務の仕事を探してみるのもいいでしょう。

年齢を重ねてくると、今まで難なくこなせていた業務もきつくなってきます。 残業・夜勤をすると、身体がこたえるようになってくるでしょう。 こんなときは、楽な職場に転職してしまいましょう。 長期ブランクがある方も、楽な職場で身体を慣らしていくのが無難です。

看護師の給料が高いのは、残業と夜勤で稼ぐからです。 仕事内容の大変さと給料はあまり比例しません。 目が回るような職場、短調な作業を繰り返す職場、どちらも年収500万円なんてことはよくあります。 はじめて看護師になったときは、忙しい職場を経験したほうが後々楽になるメリットはありますが、すでにある程度のスキルを身につけている方は、楽な職場を目指すのは悪いことではありません。

楽な職場を探すときは、看護師の転職サイトが役立つでしょう。 精神科は比較的楽な職場だと言われていますが、あくまで全般的にみた話なのです。 精神科の仕事が異常に忙しくて退職して、別の科で働いている看護師もいます。 同じ科でも、病院によって忙しさはまるで変わるのです。 病院の内部事情を知らなければ、どの程度の職場なのか判断できません。 内部事情を知らずに探すと、楽だと思って転職したら激務だった、なんてことになりかねません。

そこで、転職サイトのコンサルタントに相談するのです。 コンサルタントは、楽な職場をよく把握しています。 給料が安いのに離職者が少ない職場は、一般的に楽である可能性が高いです。 評判・離職率・元職員の体験談など、さまざまな情報を吟味して最適な職場を紹介してくれるでしょう。 コンサルタントに職場紹介してもらった場合、自分で探すよりも離職率が低いのです。

今日の部屋持ち:いずみん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加